前回染めた根元の部分が明るくなってしまって中間~毛先にかけてが暗く見えてしまうという方。実は解決できます

update:2016/05/28

こんにちは。

世田谷区経堂の美容室、エルダーズバイユーレルムの店長の森です。

 

初めてカラーリングで来店されるお客様で、気になるのが

前回染めた根元の部分が明るくなってしまって中間~毛先にかけてが暗く見えてしまうという症状です

 

0299E87E-1EC4-438D-B662-EE2C36E63C17

 

 

当てはまる方も結構多いと思います。

 

仕上りの時は気にならなかったのに、なぜ時間がたつとこんな症状になってしまうんでしょう??

 

その理由はカラー剤の特性にあるんです。

 

 

カラー剤、混ぜた瞬間から反応が始まり

大体(メーカによって違いますがここではエルダーズで使ってるメーカーのモノの話です)

最初の15分で明るくなり

その後15分で色が入ります

 

つまり

10トーンの明るさのカラーを根元に塗ると

大体11~12トーンまで明るくなり、その後

10トーンまで暗くなるんです。

 

なので10トーンで根元を染めた場合染めたては10トーンですが

写真のように根元が伸びてきたころは退色して

前回染めた根元の部分が明るくなってしまって中間~毛先にかけてが暗く見えてしまうという症状が起こるんです

 

 

それを防ぐにはどうしたらいいか??

 

以前染めた部分よりワントーン暗めに設定するに限ります。

つまりグラデーションで染めるということです

 

通常カラーは根元から毛先に行くにつれて明るくなってる方がきれいです。

 

エルダーズはお客様からお悩みや気になる部分を伺い解決できる美容室です

 

あなたのお悩み聞かせてください