コテ(カールアイロン)で巻きやすい髪型は意図してカットしないと巻きやすくならない。コテで巻きやすい髪型にしたい方は是非ご覧ください!!

update:2016/03/11

こんにちは。

世田谷区経堂の美容室、エルダーズバイユーレルムの店長の森です。

 

最近ベールアッシュを叫びすぎたので

今回はタイトルにも書きましたが

 

コテ(カールアイロン)で巻きやすい髪型は意図してカットしないと巻きやすくならない

について森なりの見解です。

ぜひ美容室選びの参考になればと思います。

この時点で同業である美容師さんは観覧を終了してくださいwww

 

では本題に。

 

 

コテで巻いたとき巻きやすいカットと巻きずらいカットとありますが

 

巻きずらいカットはなにが巻きずらいのでしょうか?

 

それはきっとこんな感じ

 

S__25641025

 

 

写真のように毛先がポロポロとコテから毛束が落ちてしまいます。

この現象は森的に毛先にチカラがない(毛先が弱い)と言っています。

 

原因としては

毛先をスキばさみ(セニング)でスキ過ぎが考えられます。

 

根元の方が毛量が多く毛先がペラペラしてる方にありがちです

 

 

こんな方です。

S__25649156

 

理想は

S__25591815

 

こうです

 

巻くと

S__21749800

 

こんな感じで束で動く感じです。

 

そのためには

道具とその道具を使いこなす技術がポイントです

 

道具は

S__25641031

 

これが通常のスキばさみですが

 

森は

S__25641030

 

 

このような目の粗いスキばさみで、毛束の間を間引くように減らします。

もちろん前髪などの細かい作業で上のスキばさみも使います。

 

さらに

その道具で

 

束感があり全体の毛量は減りつつ毛先にチカラがある(毛先が強い)ようにするには??

 

 

S__25641031

 

S__25649155

のようにしてしまうと

 

 

 

こうなっちゃいます

S__25649156

なんとなくイメージつきますか??

ちょっと前のレイヤースタイルで、古臭く見えてしまうかも!!

 

こちらで

S__25641030

こんな感じに

 

S__25649154

 

 

 

カットすると

S__21749800

 

こうなります。

そうすると

 

束感があり全体の毛量は減りつつ毛先にチカラがある(毛先が強い)

今っぽい重ために見えるのに実際は毛量が少なく動く

 

で実際にカットすると

S__25641024

 

つまり

 

巻きやすい髪型になると同時に今っぽいスタイルに仕上がります!!

 

カットは美容室によって全く違います

よくお客様に

『美容師さんはみんな美容学校出て国家試験受かってるから同じスキルだと思ってた』

それは大きな間違いです。

カット方法は美容室によって、さらにはその美容室の中でも美容師によって違います。

 

決してよそが下手で森が上手いとか言いたい訳じゃないですよ!!

 

 

コテ(カールアイロン)で巻きやすい髪型は意図してカットしないと巻きやすくならない

っていうからには

それなりの理論と経験から基づく結果があって、それらを自信もってお客様に提供できるということです。

 

 

もう一度言いますよ

 

カット方法は美容室によって、さらにはその美容室の中でも美容師によって違います。

ここまで言うからには理論と経験から基づく結果があって、それらを自信もってお客様に提供します

 

コテで巻きやすい髪型にしたい方は

ぜひ経堂まで足を運んでみてください

 

 

03-6413-7327

もしくは

簡単ネット予約は

 

↓↓↓

こちら

 

 

朝、時間がないのに毛先がぽろぽろとこぼれて何度も何度も巻きなおさなきゃいけないストレスから

森が解放させますから!!